テレビリリース【tv-pr.net】テレビ番組専門プレスリリース配信・配送サービス
  1. ホーム>
  2. プレスリリース>
  3. プレスリリースは簡潔にまとめることが大事

プレスリリースは簡潔にまとめることが大事

なんでもかんでもプレスリリースに書くのはダメ

新製品や新サービスの発表のプレスリリースを出すときに陥りがちなのは、なんでもかんでもこと細かく説明しようとしてしまうことです。確かに、それだけ思いを込めて開発してきたでしょうし、開発するにあたって、いろんな苦労や工夫したことなどあるでしょう。そして、何よりも多くの人に知ってもらいたい、使ってもらいたいと思っています。
その気持ちは大切ですが、プレスリリースは、あくまでもプレス=報道関係者に知らせるためのものであって、消費者に知ってもらうためのものではありません。
なので、商品のこまかな機能を説明したり、サービスの使い方などを図解しても意味がありません。商品カタログやホームページに書くような内容を書き込んでいるといったことは論外です。
プレスリリースは、毎日たくさんメディアに投げ込まれるので、細かく読んでいる時間などありません。それに、新聞や出版は締切があるので、それまでにホットな話題、読者が喜びそうなニュースを探すのが記者の仕事なので、パラパラと目を通して一瞬で判断しています。
多くても数ぺージにまとめて、最後に『詳しくはお問い合わせください』で締めくくるのがいいのです。


プレスリリースに必要な項目

では、具体的にプレスリリースに記載すべき項目を見ておきましょう。
まず、メディアの記者は記事を書くのに徹底的に教育されています。そのために、記事んは、5W1Hというのが必ず入るように文章が組み立てられています。言い換えれば、それらがしっかりと明記されている文章が彼らにとても読みやすいものになっているのです。学校の国語の授業ではないですが、5W1Hは確実に抑えておきましょう。5W1Hとは、WHO(誰が)、WHAT(何を)、WHEN(いつ)、WHERE(どこで)、WHY(なぜ)、HOW(どうやって)のことで、新製品発表であれば、製品名、価格・売上目標、発売日、販売方法、何を便利にするのか、今後の展開といったことを簡潔にまとめます。
さらに、社会的背景、開発経緯、今までにない特徴、他社との差別化ポイントをまとめて、商品の写真を掲載すれば、必要な情報は満たしているでしょう。
そして、最後に、連絡先(会社の住所、電話、FAX、メール、担当者名)を明記しておけば、興味があれば連絡が入ります。
これらの内容をA4サイズで2~3ページに入るぐらいに、簡潔にポイントを抑えて書くのがプレスリリースに必要なことです。

テレビに特化したプレスリリース配信・配送サービスのお問い合わせは03-6427-1627

  • テレビリリースとは?
  • 配信番組一覧
  • サービスの流れ
  • テレビ放送実績
  • 料金
  • 高確率のテレビ取材プロモート:テレビPRサービス
  • Web×TVで圧倒的集客力!:クロスメディアPRサービス
  • Books
  • infogra.me
  • DATA-PR.net
  • GlobalPRWire