テレビリリース【tv-pr.net】テレビ番組専門プレスリリース配信・配送サービス
  • テレビリリースとは?
  • 配信番組一覧
  • サービスの流れ
  • テレビ放送実績
  • 料金
  • 高確率のテレビ取材プロモート:テレビPRサービス
  • Web×TVで圧倒的集客力!:クロスメディアPRサービス
  • Books
  • infogra.me
  • DATA-PR.net
  • GlobalPRWire

プレスリリースとは

プレスリリースの意味とニュースリリースとの違い

プレスリリースとは、行政機関や民間企業などから報道機関向けに発表された声明や資料のことで、press releaseをカタナカに直したものです。
プレスとは英語で新聞または新聞社を意味し、リリースとは発表や公開、放出を意味します。

プレスリリースは別名ニュースリリースと呼ばれることもあります。
もともと2つの言語は同じ意味合いで使用されてきたのですが、最近の傾向として若干意味合いが異なるケースもあります。

ニュースリリースはプレスリリースと同様に、マスコミ掲載を狙うための資料として用いられる場合もありますし、形式上はマスコミ向けだったとしてもWeb掲載を目的としているため、一般読者を含む幅広い層を意識するケースもあります。また、マスコミ向けの発表資料ではなく、新着情報のような感覚で取り扱われる場合もあります。

マスコミで報道されるプレスリリースとは

プレスリリースによって企業側から発信されたネタをもとに、興味深いものを記事としてまとめ報道するのがマスコミです。

マスコミに取り上げてもらうと影響力が大きいため、企業の広報担当者は魅力的なプレスリリースの作成に努めます。
さまざまな戦略を考え、いかに有用な情報を引き出すことができるのかは広報担当者の腕次第だとも言えるでしょう。

プレスリリースをもとに記事化されたとしても、必ずしもプレスリリース通りの内容だとは限りません。
担当者独自のルートで情報収集し、読者の興味をそそる内容に作り変えられることもしばしばあります。

プレスリリースが起用されたとしても、異なる内容で記事化され報道される場合もあります。そのため企業の広報担当者が意図するところとは正反対の記事になってしまうことも珍しいことではありません。

記事化されるプレスリリースを作成するために

マスコミには毎日たくさんの企業からプレスリリースが届けられます。
マスコミ担当者は送られてきたプレスリリースの内容に魅力を感じたら、取材アポを取り付けたり追加情報を問い合わせたり、何かしらアクションを起こし、記事としてまとめます。
複数のマスコミが興味を持ってくれれば、その分多くのメディアで取り上げられ、企業や製品を効率的にアピールすることができるでしょう。

山ほど送られてくるプレスリリースですから、記事に生まれ変わるのはごく一部です。
反対にほとんどのプレスリリースがゴミ箱行きとなるのは確実です。

記事として取り上げてもらえるか、ゴミ箱行きとなるかはプレスリリースの題材の価値に左右されます。
紹介したい題材の価値をマスコミ担当者にアピールし、採用してもらうのが広報担当者の役割で、成功すれば企業アピールにも繋がるでしょう。

テレビ専門のプレスリリースについて

テレビ専門のプレスリリース配信・配送サービス、テレビリリースの特徴とは

テレビリリースは国内でテレビPRを手掛けるPR会社、株式会社カーツメディアワークスが提供するテレビ専門のプレスリリース配信・配送サービスです。
テレビリリースでは、放送作家が作成したテレビ用の報道資料が各テレビ番組のプロデューサーやディレクターなどの担当者に直接配送するというサービスを提供しています。
テレビリリースの導入により、これまで全くアプローチできていなかったテレビ番組はもちろんのこと、PR手帳や放送局単位で行われるプレスリリース配信に比べて、より多くの担当者にアプローチできるため、取材獲得率が高まります。

クローズドな業界だと言われるテレビ業界では、その内部を熟知する人はあまりいません。
カーツメディアワークスではテレビ業界で活躍したスタッフがたくさん在籍しているので、業界特有の考え方やルールについて理解しています。
だからこそ、メディア関係者の興味関心を促す資料を作り上げ、直接配送という手段で確実に届けることが可能なテレビリリースを提供することができるのです。

テレビ専門のプレスリリース配信・配送サービス、テレビリリースが誕生したきっかけ

ストーリーが構築されれば、3つのメディアのPR戦略を考案し、それらをバランスよく計画的に配置することで相乗効果を期待します。
オウンドメディアを駆使する場合には、情報発信だけのメディアではなく、消費者が楽しめるコンテンツを盛り込むことにより、宣伝効果を更に強化します。

当社がメディアの中で重要視しているのがアーンドメディアとマスメディアの活用です。
テレビ業界の最前線で番組制作に携わっていたスタッフが多数常在しているので、Webニュースの配信を拠点とし、アーンドメディアにおける口コミ評価を期待します。
そして、報道連鎖の影響を受け、結果としてはテレビ取材を獲得するところに繋げます。

オウンドメディアやアーンドメディアを有効活用できれば、費用をかけて行うペイドメディアの更なる効果をも期待できるのです。
これからの時代のマーケティング戦略として、3つのメディアの相乗効果を期待する方法が何より有効だと言えるでしょう。

高い効果が期待できるテレビPRを獲得するマーケティング戦略

カーツメディアワークスの代表である村上崇は、もともとテレビディレクター業務に携わっており、10年ほど報道番組や情報番組を担当していました。
当然のことながら、PR会社からは毎日たくさんのプレスリリースがFAXやメールで送られてくるのですが、いずれも文字ばかりで興味の湧かない内容の資料ばかりでした。
それらに目を通すどころか、忙しさのあまり直接ゴミ箱行きということも珍しくありませんでした。

ある時、番組のコーナー企画について悩んでいたところに、八景島シーパラダイスの広報担当者からプレスリリースが個人宛に直接送られてきました。
その中身は、八景島シーパラダイスの躍動感溢れるイルカやアシカの写真が数点貼られている資料やGW期間中のイベント企画に関するカラー印刷の資料でした。
カラー写真が使われていて華やかな資料は目にも留まりやすく、実際にどのようなイベントが企画されるのか容易に想像できると共に、早速コーナー企画のメインとして取り上げ、実際に取材を進める運びとなりました。

この時の経験がテレビリリースの原型になったといっても過言ではありません。
一般的にテレビマンは画像を用いてストーリーを練り上げます。
ありきたりなプレスリリースでは目にも留めてもらえないと思って間違いないでしょう。
テレビマンを魅惑するのは画像やストーリーが織り成すテレビ向けの報道資料です。
また、それを確実な方法で担当者に届けることが何より大切だと考えられます。

テレビPRに特化したプレスリリース配信サービス

企業広報やPR活動において、より多くのメディアに取り上げてもらえるよう働きかけることにより、企業のカリスマ性を高め、ブランド価値を向上させる結果にも繋がります。
中でもテレビ番組でピックアップされると世間の反響は大きく、次の日には品切れ状態になったり、問い合わせが殺到したりすることも珍しくありません。
テレビCMと違って番組の中で取り上げられると飛ばし見する人もいないので、ストーリーとして視聴者に商品やサービスの情報がダイレクトに届き印象深いものとなります。

たとえ視聴率1%であったとしても約60万人、10%であれば600万人もの視聴者に影響を与えることができるのです。
これほど多大な影響を与えるメディアは、今現在もこれから先にもテレビ以外に出現することはないでしょう。

最近ではスマートフォンやタブレットを片手に視聴する方も増え、気になることは即座に検索できる環境にあります。
そのため、テレビで集客し、Webの特性を活かして広めていくというマーケティングの流れを築き上げることが大切だと考えられます。
メディアの特性を最大限に活かした当社のマーケティング戦略によって、テレビ取材を獲得してみませんか?

プレスリリースを成功させるためのテレビ制作現場におけるネタ収集

テレビ番組の制作現場は独特な雰囲気を醸し出しています。
はたから見るとネタを探すためにあちこちロケに出向いているように思われがちですが、実際にはそんなこともありません。
テレビ番組のネタとして使われるものは新聞や雑誌、Webなどで取り上げられている情報が基盤となっていることが多いのです。

ひと昔前なら、新聞や雑誌などの紙媒体からネタを集め、リサーチするのが一般的でしたが、最近ではWeb検索によるネタ集めが主流となっています。
ただ、テレビマンの特徴としてWeb検索による能動的なリサーチを好まず、どちらかというと上位にランキングしている情報にばかり目が向いてしまう傾向にあります。
テレビマン目線で言うなら、分かりやすく画像を用いて端的且つインパクトあるテレビ向けの報道資料を用意することが重要になります。

報道資料ということで事実を述べることが基本ですが、それと同時にテレビ企画案として興味の湧くような内容に仕上げるのがポイントです。
テレビマンに興味関心を持ってもらうためには、Web検索で上位にランクインするのを目指すと同時に、報道資料の作成を進めていくことが必須だと言えるでしょう。

テレビ専門のプレスリリース配信・配送サービス利用の流れ

テレビ専門のプレスリリース配信・配送サービス、テレビリリースでは、気軽にテレビPRを利用できるよう、シンプルなサービスフローを提案致します。

まず始めにヒアリング後に内容を含めて配送パッケージを選定します。 次に正式発注を確認するためにFAXで発注書を送付頂き、その後は前払いにて料金をお支払頂くことになります。
そして入金が確認でき次第、テレビ用報道資料の作成に取り掛かります。
実際に出来上がった資料をご確認頂き、満足頂けるようでしたら配送作業と報告を行い、終了となります。

また、サービスを利用して頂く際にご用意頂きたいのが、プレスリリースやパンフレットなどの商品・サービスの資料、貴社の封筒を100~150通、紙焼き写真やデータCD-ROM、サンプル商品などの同封物の送付、過去に新聞や雑誌に掲載された資料があれば、内容が分かる紙媒体資料の4点です。

プレスリリース配信・配送サービス、テレビリリースの料金システム

テレビ専門プレスリリース配信・配送サービス、テレビリリースでは、わかりやすい会計システムでサービスを提供致します。

プレスリリース配信設定料金として、初期設定+配送作業料金で8.5万円。
100~150件をカテゴリ毎にパッケージ化する配送パッケージ料金が8万円。
現役ディレクター・放送作家が作成するテレビ用の企画書、すなわちテレビ用報道資料が2.5万円。
100~150の番組の担当者に直接配送するフルパッケージになると、国内最安値の19万円にてご提供致します。

貴社のテレビ向け広報、テレビPRに多大なる効力を発揮するテレビリリースを是非ご検討下さい。